いちごは文学界でも大注目!?いちご農家を描いた直木賞作家の小説がおもしろい!

こんにちは!イチゴロウです。

いちごは文学界でも大注目!?実は、直木賞作家がいちご農家を描いた小説が、今話題みたいですよ~!

その小説はコチラ。

『ストロベリーライフ』荻原浩/作 毎日新聞出版 (2016/9/23)

あらすじを簡単に紹介しますね。

***********

グラフィックデザイナーとして独立し、東京で妻と息子と暮らす主人公、望月恵介。

そんな主人公のもとに、「父が倒れた」との一報が入る。

田舎に帰ると、野菜農家である父親は、なんと多額の設備投資をし、いちご栽培を始めていた…!!

足腰が弱ってきた母親のため、いちご栽培を手伝ううち、どんどんのめりこんでいく主人公。

しかし、もちろん妻は良い顔をしない。3人の姉も、黙っているわけがない。

そんな主人公が、いろんな葛藤を持ちながら選んだ道は…!?望月家のいちご農園の未来は…!?

***********

というお話です。

イチゴロウも読みました!

映像が目に浮かぶような丁寧な描写で、いちご農家のことや育て方も、分かりやすく書かれています。

いちご農家のことだけでなく、家族や夫婦の絆、そして“働く”ということについて…いろいろ考えさせられる本でした。

いちご好き、かつ読書好きの方には、ぜひ読んでいただきたい小説です!!

映画化にも期待!!

(ちなみに映像化されるのであれば、主人公の望月恵介は山田孝之さん、主人公の母親は樹木希林さんがピッタリだとイチゴロウはイメージしています♪)

イチゴロウ

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信中!:


Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
     

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 「山盛りのイチゴを好きなだけ食べたい」 「様々な品種のイチゴの食べ比べをしてみたい」 …
  2. 今回は、青森市でいちご栽培をされている、梅山(うめやま)さんにお話を伺いました。 いちごを栽…
  3. もうすぐクリスマスですね! クリスマスにはケーキを食べるというイメージがあると思うのですが、…
  4. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さを…
  5. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  6. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入るだ…
  7. 諸君。 わしは学長のドロンじゃ。 みなさんいちごにどんなイメージがあるかな? いちごといえば…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2019-3-15

    いちご大学通信「いちごだより」配信開始!!

    ドロン学長からのご案内! いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信することとなりました…
  2. 2019-3-13

    春の三浦半島でイチゴ狩り!神奈川県三浦市の長島農園訪問記

    関東エリアの中でも温暖な気候で日照量の多い三浦半島。3月上旬に満開を迎える川沿いの河津桜は美しく、…
  3. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…
  4. 2018-8-25

    栃木県農業試験場いちご研究所 インタビュー!

    今回はなんと、栃木県農業試験場いちご研究所にお伺いして、インタビューする機会をいただきました。 栃…

ミプーのおススメ

  1. 2019-3-22

    ひと手間でぐんとおしゃれで華やかに!イチゴのフルーツカッティング

    コロンとしたイチゴはそのままでも可愛らしいのですが、ちょっとしたひと手間でもっとおしゃれに華やかに…
  2. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  3. 2018-9-12

    旬のフルーツをたっぷり贅沢に!「セ・ラ・セゾン!」の「夏いちごのショートケーキ」

    相模原駅から住宅街を歩くこと約15分、焼き菓子の香ばしい香りとともに、ヨーロッパの郊外を思わせるよう…
  4. 2018-8-16

    日暮里の新名物は、土産店が生んだキモカワ和菓子!?「江戸うさぎ」の「妖怪★いちご大福」

    「手に取った時に『なにこれー!』と話に花が咲くような商品を目指しております。」 「妖怪★いちご大福」…
ページ上部へ戻る