【イチ・ゴジラ現る!】ストリングスホテル東京のいちごブッフェがすごい!

グルメ学部

東京の南側の玄関口と言われる品川駅。アクセス抜群な上、オフィスやホテルも多く立ち並び、整然としたビジネス街という印象が強いですよね。

そんな品川の街中に突如現れた大怪獣ゴジラ!映画の中の話ではありません。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階にあるレストランの話です。

ホテルのレストランなんとゴジラがお出迎え!

今年、その驚きのコラボで注目を集めているのがストリングスホテルの「イチ・ゴジラ」。

冬の味覚であるイチゴをモチーフにしたブッフェ企画です。

イチゴの可愛らしさや可憐さと重なるようなテーマのブッフェが多い中で、ストリングスホテルのテーマは「大怪獣ゴジラ」。

ゴツゴツした恐ろしい怪獣の黒と、艶やかなイチゴの赤というコントラストは迫力抜群。その不思議なコラボレーションに魅せられて早速取材に行ってきました。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルでのランチブッフェ

フレッシュイチゴが山盛りのブッフェ台

ここ数年、イチゴの旬の季節になると、各地でイチゴフェアやイチゴスイーツブッフェが大人気。

密かなブームとなっています。そんな中でストリングスホテル東京インターコンチネンタルでのイチゴブッフェがスタートしたのは最近のこと。品川という立地からもストリングスホテルのお客様にはビジネス利用の方が多く、これまではビジネスランチやビジネスディナーの提供を一番に考えていたため、ブッフェは企画してこなかったのだとか。

マカロンにも「ゴジラ」

しかし転機が訪れたのは2017年夏のこと。総支配人として新たに就任したネイザン・クック氏が「ストリングスホテルでもデザートブッフェを」と宣言したのだと言います。クック氏は、デザートブッフェの先駆者とも言えるヒルトン東京でオペレーションダイレクターを経験し、昨今のテーマ性の高いデザートブッフェブームを巻き起こした中心人物。ストリングスホテルでも、ブッフェを通して今まで以上に多くの方に利用していただきたいという想いで、クック氏就任後すぐからブッフェ企画が開始されたのだと言います。

イチ・ゴジラの楽しみ方はたくさん!

イチゴを取るためのトングをよく見てみると…

イチ・ゴジラのアイデアは元々クック総支配人が考案したのだとか。ゴジラが最初に上陸したのが品川の地だと知ったクック氏は、そのストーリーをもっとたくさんの人々に知ってもらいたいと、この企画を思いついたと言います。ダジャレが大好きだというクック氏は、イチゴとゴジラを合わせた「イチ・ゴジラ」というネーミングも発案。語呂が良く、ユーモアたっぷりの企画は、ゴジラ映画の最新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」映画公開前という絶妙なタイミングもあり即決定したのだと言います。

ゴジラの尾がケーキ(ディスプレイ)を直撃!

ブッフェ台はゴジラがやってきた品川の街をイメージしたということで、高層ビルが立ち並び、そのすぐ横を電車が走ります。整然としたビルは色鮮やかにお菓子でデコレーションされており、ブッフェ台のスイーツを引き立てる可愛い工夫がたくさん。

品川の街をイメージしたブッフェ台には電車も走ります

一方で、ところどころに顔を出す怪獣たちは、この街のただならぬ雰囲気を演出してくれます。もちろんゴジラの姿も。獰猛な尾で(ディスプレイの)ケーキを破壊しつつも、イチゴを手に取る姿にはクスっと笑わずにはいられません。スイーツを頂く前に、ぜひこのユーモアたっぷりのブッフェ台をカメラにおさめましょう。

大迫力のゴジラスーツ

ちなみに、ブッフェ台やレストラン内に設置されているフィギュアは、全て東宝から借りているものなのだとか。実際の映画撮影で使われたという本物のゴジラスーツと一緒に記念撮影できるフォトブースも。ゴジラファンなら必見のお宝がたくさん!台本やフィルムの展示もあります。

エグゼクティブシェフパティシエに聞いてみました!「イチ・ゴジラ」のイチオシスイーツは何?

鈴木シェフがおすすめする「キング・オブ・ショートケーキ」

ストリングスホテルのエグゼクティブシェフパティシエの鈴木崇志さんが自信を持っておすすめするのは、「キング・オブ・モンスターズ」ならぬ「キング・オブ・ショートケーキ」。イチゴスイーツの王道、ショートケーキです。一見シンプルな見た目ですが、このショートケーキには細やかなこだわりが隠されています。まずは重すぎず軽すぎず、すっと口当たりの良い仕上がりのスポンジ。そして、イチゴの甘酸っぱい味を最大限引き出すために、生クリームは数種類のものを独自の配合でブレンドして作り上げたのだと言います。なるほど、イチゴの爽やかさを引き立てつつ、しっかりした食べ応えも感じさせてくれる大満足の味わいでした。

可愛い!イチゴシュークリーム

ショートケーキの他にも、ゴジラをモチーフにした数々のスイーツがずらり。これらのスイーツは甘さや食感等を完全にカスタマイズするために、全てがホテル内で手作りされているのだとか。中でも「可愛い!」と来場者から特に人気が高かったのはゴジラの顔をモチーフにしたイチゴシュークリーム。ゴジラと言うには少々ひょうきんすぎる顔は、食べてしまうのが勿体ない程の可愛らしさ。一口サイズのこちらのシュークリームには、ゴジラらしい深い黒色を出すために、なんと竹炭が用いられているのだとか。

食事メニューも充実!イチゴソースで頂くローストビーフは絶品

苺酢のちらし寿司風パスタサラダ

「イチ・ゴジラ」のもう一つの魅力は、食事メニューにもイチゴをモチーフにした料理が充実している点。ゴジラの尾を連想させるロマネスコとイチゴを散らした「苺酢のちらし寿司風パスタサラダ」や、「ブロッコリーと小エビと半熟卵の苺マヨ和え」などは、どれもイチゴ好きにはたまらないメニュー。

ローストビーフのコーナーは大人気

中でも私のおすすめはイチゴ風味のローストビーフです。出来立てのローストビーフをその場でカットして頂き、岩塩や苺塩、「苺とキャロライナリーパーのソース」をお好みで添えて頂きます。キャロライナリーパーは唐辛子の一種。イチゴジャムのような濃厚なソースの中に、ほんの少しですがピリッとしたスパイスが効いていて、ずっしりとしたローストビーフによく合う!辛さや旨味とも相性抜群のイチゴの新たな魅力を発見しました。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「イチ・ゴジラ」詳細について

チョコレートファウンテンもあります

<ランチブッフェ>

開催期間 2019年1月15日~5月31日

料金 平日 5,000 円(90 分制)/土日祝 6,000 円(90 分制)

時間(一部)11:30~13:00/(二部)13:30~15:00 (各90分制)

3歳~小学生 2,500円(未就学児には『がんばれ ちびゴジラ』の絵本付き)

<ディナーブッフェ>

開催期間 2019年3月11日~5月31日

料金 平日5,000 円(120 分制)/土日祝 6,000 円(120 分制)

時間 18:00~ 22:00(ラストオーダーは21:30)

3歳~小学生 2,500円(未就学児には『がんばれ ちびゴジラ』の絵本付き)

予約方法や詳細については公式HPへ

Luxury Hotel in Shinagawa | The Strings by InterContinental Tokyo
The Strings is a 5 star hotel near Shinagawa station. Easily accessible from all major venues. Enjoy your nightlife in one of the best areas to stay in Tokyo.

いちご大学おすすめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました