素材をいかした味が楽しめるいちごのジェラート

グルメ学部

あつ〜い夏が終わってしまっても、食べたくなるのがアイスです。
今回は、過ぎゆく夏を懐かしむように、いちごのアイスを堪能してきましたよ!

それは、岐阜県多治見市にある素材工房さんで作られているアイスです。
極NIPPONのジェラートシリーズの中でいちごといえば、あまおうと白いちごの2種類があります。
もちろん、そのほかにもマンゴーや抹茶なども販売されていますよ。

ジェラートは、食べ物が持つ本来の甘みをしっかりと引き出していて、さっぱりと食べられました!

そして、こちらの会社ではなんと、学生さんや農家さんたちとコラボレーションして、オリジナルジェラートを作ることができるそうです。これまで廃棄されていたり、上手に使われてこなかった素材で新しい商品を提供できるのは素晴らしい取り組みですよね。
これまでに、梅や蕎麦といった他ではあまり見かけないようなジェラートも作られたようです。

こちらの商品は、コラボした農家さんや道の駅など地元でしか手に入りません。いまは、全国どこにいても取り寄せることができる商品が多いですから少し残念な気持ちもありますが、そこに行かなければ手に入らないというのも商品価値を高めてくれますよね。

<参考サイト>
素材工房
http://www.sozai-kobo.com/index.html

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました