夏や秋も美味しい国産イチゴを食べたい!そんな夢を叶えてくれる「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」の「なつあかり」

甘酸っぱくて真っ赤な見た目が可愛らしいイチゴ。誕生日ケーキの定番であるストロベリーショートケーキに欠かせない果物です。イチゴの入ったスイーツを数えだすとキリがなく、世の中はイチゴスイーツで溢れています。飽きのこない味と爽やかな香りは、多くの人を虜にします。しかし、そんな定番フルーツにも旬はあります。イチゴは夏の暑さに弱いため、長い間国内でのイチゴの栽培は冬から春にかけてというのが一般的な常識でした。

それが最近になって夏や秋のシーズンでも美味しい国産のイチゴが流通するようになってきました。いわゆる「夏イチゴ」と呼ばれる品種のイチゴです。夏イチゴは、夏や秋も比較的涼しい寒冷地で栽培され、夏や秋に旬を迎える品種です。夏イチゴの栽培は以前より行われていましたが、これまでの夏イチゴは「赤くなれば良い」と言われる程栽培が難しく、味については二の次というのが現状でした。しかし、最近様々な品種の開発や改良が進められ、段々と美味しい夏イチゴが栽培されるようになってきたのです。

夏イチゴ「なつあかり」を栽培している「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」では、そんな貴重な夏イチゴの産地直送販売を行っています。「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」の「なつあかり」を取り寄せてみました。

 

一年中美味しい国産イチゴを食べたい!そんな方の夢を叶えるイチゴ農園

夏イチゴの栽培が盛んになってきたとは言え、夏イチゴの栽培はとても難しく、栽培できる農家はまだまだ少ないのが現状です。そのため、夏イチゴは市場に出回る数が少なく、そのほとんどが業務用。一般家庭にはなかなか手が届かない存在です。

そんな中、「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」では、珍しい農家直送の夏イチゴの通販事業を行っています。業務用だけでなく一般家庭でも少量からイチゴのパック購入を申し込む事ができるのです。「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」の統括マネージャーである宮下聡一郎さんによると、これまで夏や秋にイチゴを諦めていた方にも、好きなだけイチゴを食べてもらいたいという想いでこの通販事業を開始したと言います。

誰もが簡単にイチゴを注文できるようにという配慮から、注文方法は電話やファックス、メール、ライン、ネット通販など様々な方法で対応可能となっています。

 

注文から1週間前後で発送。口に入れると、しっかりとした甘酸っぱさで大満足

私が注文したのは7月の中旬のころ。すでに夏イチゴの収穫も販売も本格的に始まっていたものの、収穫数にはムラがあった時期。発送までに時間がかかるかもしれないとの連絡をいただいていました。家庭用なので、特に急ぐ必要もなく、「夏に産直イチゴが食べられる」という期待の方が高く、ワクワクしながら待っていました。

その後、梅雨明けとともにイチゴの収穫量がぐんとアップしたという事で、運よく注文から3日で発送できるとの連絡を受けました。想像よりも早いタイミングでの発送となり、びっくり。しかし、我が家の旅行の予定と重なってしまったため、大変申し訳なかったのですが、発送日を数日延長してもらうようお願いしました。そんなこちらの都合にも丁寧に対応していただき、旅行から帰宅したタイミングでフレッシュなイチゴを自宅で受け取る事ができました。

到着したイチゴは、一粒一粒が箱の中でぶつかり合わないよう、イチゴ用に特別に作られた凹凸のある梱包容器に入れられ箱詰めされていました。また配送中の予冷を保ち、できるだけ温度差による影響がイチゴに出ないようラップが二重にぴったりとかけられていました。宮下さんからの事前のメールによると、このラップは、到着後すぐにはがした上で冷蔵保存すると良いのだとか。改めてイチゴの品質保持の難しさを知るとともに、「絶対美味しく食べてもらいたい」という作り手のイチゴに対するこだわりを垣間見た気がしました。

冬から春にかけてのイチゴと比べると、葉の周りにうっすらと白さが残る「なつあかり」。しかし、一口頂くとその見た目の印象とは異なり、インパクトのある甘酸っぱさが口いっぱいに広がる納得のいく味わいでした。酸味が強く甘みは少ないというイメージのある夏イチゴですが、「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」の「なつあかり」は、言われないと夏イチゴだとわからないくらい、酸味と甘みのバランスがちょうど良く、イチゴらしい旨味を感じる事ができました。

 

天敵栽培、自然農…希少品種「なつあかり」を安定栽培するための努力

それもそのはず、この「なつあかり」は、「最も美味しく、最も作るのが難しい夏イチゴ」と言われる品種なのだそうです。そんな「なつあかり」を安定的に栽培するために「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」ではできるだけ化学農薬をおさえた自然農法という方法での栽培に力を入れているのだそうです。

化学農薬を通常の半分以下に抑えると、自然と病気や害虫に強い株が残り、農園全体に好循環が生まれるのだとか。その結果、イチゴの品質の向上と安定的な栽培につながるというのが「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」の考え方です。農薬に頼らないために、「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」では、害虫の天敵となる生物を活用し、農薬以外で害虫を排除する「天敵栽培」の手法を取り入れているのだそうです。また、農園では次世代環境測定システムを設置し、データの分析結果に基づいた効率的な栽培方法も実践中。経験に加えて、あらゆる側面から美味しさを求めて栽培方法を日々研究しているのだそうです。

 

購入だけじゃない!苗の販売から事業サポートまで

イチゴを食べる喜びだけでなく、育てる喜びも知ってもらいたいという思いから、収穫されたイチゴの販売だけでなく、苗の販売や事業サポートも行っているのが、「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」のもう一つの特徴です。

「夏の輝(なつのかがやき)」と呼ばれる品種は、夏イチゴ(四季成りイチゴ)の中でも栽培の安定性がよく、一般家庭でも育てやすい品種なのだそうです。また、九州生まれなので夏の暑さにも強く、全国各地で育てる事が可能だと言われています。

肥料もついたお得な苗を購入した人は、なんと苗を育てている間、ラインアプリで「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」に無料栽培相談も可能なのだとか。プロから直々に栽培方法のコツを教えてもらったり、疑問に答えてもらったりすることができるというのだから、初心者でも気軽にチャレンジすることができます。

また、事業としてイチゴ栽培を始めたい人にも様々なスタイルのサポートを提供しているのだとか。商品としてイチゴを販売するだけでなく、苗を販売したり事業サポートを行ったりすることによって、国産の夏イチゴをもっと全国に広げたいというファームの信念が伝わってきます。

 

イチゴを食べたい方も育てたい方も、求めているものがすぐに手に入る時代

旬のフルーツは、美味しいものです。でも、もしそんな旬を一年を通して感じる事ができたら、もっと嬉しさが広がるかもしれません。「夏イチゴ農園ストロベリーファーム」の「なつあかり」は、一口食べたら、そんなイチゴの壮大な可能性を感じさせてくれるイチゴでした。
夏イチゴ農園ストロベリーファーム

014-0514 秋田県仙北市西木町西荒井字荒田15番地
電話:0187-42-8062
ファックス:0187-42-8072
http://www.sfarm.co.jp/

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信中!:


Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
     

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 「山盛りのイチゴを好きなだけ食べたい」 「様々な品種のイチゴの食べ比べをしてみたい」 …
  2. 今回は、青森市でいちご栽培をされている、梅山(うめやま)さんにお話を伺いました。 いちごを栽…
  3. もうすぐクリスマスですね! クリスマスにはケーキを食べるというイメージがあると思うのですが、…
  4. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さを…
  5. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  6. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入るだ…
  7. 諸君。 わしは学長のドロンじゃ。 みなさんいちごにどんなイメージがあるかな? いちごといえば…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2019-3-15

    いちご大学通信「いちごだより」配信開始!!

    ドロン学長からのご案内! いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信することとなりました…
  2. 2019-3-13

    春の三浦半島でイチゴ狩り!神奈川県三浦市の長島農園訪問記

    関東エリアの中でも温暖な気候で日照量の多い三浦半島。3月上旬に満開を迎える川沿いの河津桜は美しく、…
  3. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…
  4. 2018-8-25

    栃木県農業試験場いちご研究所 インタビュー!

    今回はなんと、栃木県農業試験場いちご研究所にお伺いして、インタビューする機会をいただきました。 栃…

ミプーのおススメ

  1. 2019-3-22

    ひと手間でぐんとおしゃれで華やかに!イチゴのフルーツカッティング

    コロンとしたイチゴはそのままでも可愛らしいのですが、ちょっとしたひと手間でもっとおしゃれに華やかに…
  2. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  3. 2018-9-12

    旬のフルーツをたっぷり贅沢に!「セ・ラ・セゾン!」の「夏いちごのショートケーキ」

    相模原駅から住宅街を歩くこと約15分、焼き菓子の香ばしい香りとともに、ヨーロッパの郊外を思わせるよう…
  4. 2018-8-16

    日暮里の新名物は、土産店が生んだキモカワ和菓子!?「江戸うさぎ」の「妖怪★いちご大福」

    「手に取った時に『なにこれー!』と話に花が咲くような商品を目指しております。」 「妖怪★いちご大福」…
ページ上部へ戻る