日本唯一!いちご農園を持つ洋菓子店~完熟いちご菓子研究所 取材記!!

今回は、美味しいいちごのお菓子を作るために、自社で栽培から手掛けておられる“完熟いちご菓子研究所”の太田垣さまにお話を伺うことができました。

兵庫県北部の養父市八鹿町にある完熟いちご菓子研究所は、贅沢にいちごを使った7層からなる宝石フロマージュをはじめとして、ジェラートやパンケーキ、ミルクプリンを販売されています。

当初はお菓子作りだけに従事していたにも関わらず、いちごの栽培まで行うようになった理由とは?
その経緯や思いについて語っていただきました!

完熟いちご菓子研究所を設立した経緯について教えてください。

元々、この土地で慶応四年から谷常製菓として和菓子も洋菓子も手掛けており、今年で150年を迎えています。そして、この度、谷常製菓を母体として、新しいことをしたいと考えて3年前に、完熟いちご菓子研究所ができました。

いちごは以前から使っていたのですが、どうしても市販のいちごというのは固く、味もあまりしない時期があります。当研究所では、「どうしても美味しいいちごを使った、美味しいお菓子を作りたい」という思いから、それであればいちご作りから始めてみようということがきっかけで始まりました。

いちごにこだわり、自分達で作るところが素晴らしいですね。

素人からのいちご作りは、とても大変だったのではないでしょうか。

本当に何もわからないところから始めましたので本当に大変でしたが、色々と専門家の先生方に教えていただきながら栽培してまいりました。問題が生じることもありますが、その都度、色々と試行錯誤し、解決をしながら作っているところです。頑張ります!

完熟いちごとありますが、どのような種類を栽培されているのですか?

これまで様々な種類を試したのですが、今年は“さがほのか”を栽培しています。やはり、実もしっかりしていますし、形も割と綺麗で整っていますので、今年はそれのみを栽培しています。

ちなみに、昨年は紅ほっぺも栽培していました。紅ほっぺは、中が赤いのでカットした面はすごく綺麗なのですが、傷みが早かったりしますので、今年は栽培しておりません。

いちご農園はどのくらいの規模なのでしょうか。

今のところ、ハウス一棟で行っています。いちごの株数からいきますと、今年は840株になりますね。
当面は、この規模で続けていくつもりです。

研究所の見学などはできるのでしょうか。

通常は公にしていないのですが、見学したいという方がいらっしゃった場合は見学することは可能です。
ちなみに、1/11(木)13:00〜14:30まで、いちごの日に先駆けて試食会を予定しております。いちごを栽培しているところも見られるかと思いますので、機会がありましたら是非、お立ち寄りください。

なぜ、いちごにこだわったお菓子を出していこうと思ったのでしょうか。

自社でいちごを作ることによって、仕入れたいちごを使うよりも、ふんだんにいちごを使うことができます。そのメリットを生かし、他には真似の出来ない、いちごをたっぷり使用したお菓子を作りたいというのが一番ですね。

他社のいちご菓子よりも、より一層、いちご本来の美味しさや甘み、味などが直接伝わるような、そんなお菓子をお届けしたいと思っています。

フロマージュ以外にも、プリンやパンケーキなどがありますが、年々ラインナップが増えているのでしょうか。

最初は、宝石フロマージュという7層から成るいちごのチーズケーキから始まり、その一種類だけだったのですが、同じ年の夏に、“完熟いちごジェラート”の販売を開始しています。こちらはプレミアム・ストロベリーとストロベリー・チーズケーキの2種類があり、プレミアム・ストロベリーのほうは内容量の45%に生のいちごを使っていますので、本当にいちごを食べているようなジェラートに仕上がっています。

こたつに入りながら食べたい(^^)

そして、次の年には“完熟いちごパンケーキ”を作っています。今までは、割と高価な商品を取り扱っていたのですが、もう少し手軽でお土産にお使いいただけるようなものを作りたいということで、いちご風味の生地に特製のいちごミルクのクリームをたっぷり挟んだパンケーキを作りました。

そして、最後に販売を始めたのが“完熟いちごミルクプリン”です。こちらはいちごミルクプリンの上に、完熟いちごのソースを載せた華やかなプリンとなっていますので、母の日などには大変好評です。

これらの商品について、いちごの収穫量もかぎられておりますので現在は、ネット限定ということですすめております。実は、1/15はいちごの日ということで、ちょうどロールを試作中ですので楽しみにしておいてください。

これだけいちごにこだわったパンケーキは見たことありません。

フロマージュを最初に作られた理由についてお聞かせください。

最初の商品は、すごくこだわったものを目指していました。

「もっといちごの味が出るほうがいい」「いちごだけでは少し物足りないのでチーズを入れてみよう」「もっと違った食感が欲しい」など、何度も試作を重ねています。いろいろ検討していくうちに7層になってしまいましたが、非常に手間や時間をかけて、いちごの味もしっかりお伝えできるようなものに仕上がっています。

また、デザインにもこだわり、上にはピスタチオでいちごの葉をイメージした飾りを載せています。こちらは、おかげさまで一番の人気商品となっていますね。

美味しく食べるための工夫と素材が満載です。

商品の販売時期などは限られているのでしょうか。

当初は生産量の検討がつかず、いちごが取れなくなった時期は販売できなかったのですが、今は計画的に販売しておりますので年間を通して提供させていただいております。

最後に、ここだけは知っておいて欲しいというところがあれば

いちごの美味しさが本当に伝わるようなお菓子を作っておりますので、いちごを感じながらお楽しみいただければと思います。

<まとめ>
今回は、美味しいいちごのお菓子を作るために、いちごの生産まで手がけるようになった“完熟いちご菓子研究所”の太田垣さまにお話をじっくりとお伺いしました。

もっとも糖度が高くなるまで完熟させたいちごは、甘みが強くとてもジューシー。そんないちごを贅沢に使ったお菓子は、なかなか他では手に入らないのではないでしょうか。

完熟いちご菓子研究所のホームページでは、こだわって作られたお菓子はもちろんのこと、いちごを生産している様子も見ることができます。気になった方は、お取り寄せをして、ぜひ味わってみてくださいね。

関連サイト
完熟いちご菓子研究所
http://www.kanjyukuichigo.com

株式会社 谷常製菓
http://www.tanitsune.jp

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信中!:


Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
     

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 「山盛りのイチゴを好きなだけ食べたい」 「様々な品種のイチゴの食べ比べをしてみたい」 …
  2. 今回は、青森市でいちご栽培をされている、梅山(うめやま)さんにお話を伺いました。 いちごを栽…
  3. もうすぐクリスマスですね! クリスマスにはケーキを食べるというイメージがあると思うのですが、…
  4. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さを…
  5. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  6. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入るだ…
  7. 諸君。 わしは学長のドロンじゃ。 みなさんいちごにどんなイメージがあるかな? いちごといえば…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2019-3-15

    いちご大学通信「いちごだより」配信開始!!

    ドロン学長からのご案内! いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信することとなりました…
  2. 2019-3-13

    春の三浦半島でイチゴ狩り!神奈川県三浦市の長島農園訪問記

    関東エリアの中でも温暖な気候で日照量の多い三浦半島。3月上旬に満開を迎える川沿いの河津桜は美しく、…
  3. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…
  4. 2018-8-25

    栃木県農業試験場いちご研究所 インタビュー!

    今回はなんと、栃木県農業試験場いちご研究所にお伺いして、インタビューする機会をいただきました。 栃…

ミプーのおススメ

  1. 2019-3-22

    ひと手間でぐんとおしゃれで華やかに!イチゴのフルーツカッティング

    コロンとしたイチゴはそのままでも可愛らしいのですが、ちょっとしたひと手間でもっとおしゃれに華やかに…
  2. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  3. 2018-9-12

    旬のフルーツをたっぷり贅沢に!「セ・ラ・セゾン!」の「夏いちごのショートケーキ」

    相模原駅から住宅街を歩くこと約15分、焼き菓子の香ばしい香りとともに、ヨーロッパの郊外を思わせるよう…
  4. 2018-8-16

    日暮里の新名物は、土産店が生んだキモカワ和菓子!?「江戸うさぎ」の「妖怪★いちご大福」

    「手に取った時に『なにこれー!』と話に花が咲くような商品を目指しております。」 「妖怪★いちご大福」…
ページ上部へ戻る