生産量ナンバー1をキープし続ける「とちおとめ」 その7つの理由とは?

みなさまこんにちは。
僕はイチゴロウです。

栃木の「とちおとめ」といえば、生産量ナンバー1のいちごとして有名ですね。
ケーキ屋さんやレストランでも「とちおとめ」使用率が高く、とても人気です。
では何故、栃木県のいちごがナンバー1をキープし続けていられるのか、その理由がこちらです。

1、大消費地に近い!
栃木県は大消費地である関東・京浜地区の卸売市場に近いということです。
他の産地が様々な地域に出荷するのに対して、関東の卸売市場に出荷できるということは、輸送費を抑えられるのです。

2、東北に近い!
東北では冬は寒さでいちごを作りにくいという現状があります。
そこで、多少輸送コストをかけても、一番近いので有利に販売ができるのです。

3、標高の高い山がたくさんある!
イチゴ栽培には「山上げ」と呼ばれる作業がありますが、これは夏の間でも涼しい標高の高い山に苗を持って行き育てるという方法で、いちごに冬を疑似体験させることで、早く出荷できるようにしているのです。

4、ハローワークと連動している!
栃木県では収穫や出荷などの多忙な時期に、各地域のハローワークと連携をして、パートタイマーを募集していちごの摘み取り応援をしています。

5、JAと県がタッグを組んでいる!
JA全 農 と ち ぎ と栃 木 県が役割を分担して、販促活動・流通、ブランディングを行っています。販売額の5%を全農家さんから集め、栃木いちごの宣伝活動をしています。

6、苗の更新を義務付けている!
毎年徹底して栃木県の指定する苗に更新をすることを義務付けて、収量の低下や病気を防いでいます。

7、外国産のいちごに負けない!
これは日本のいちご全般に言えることですが、外国産のいちごは日本人の口に合わないので、安いいちごが輸入されることにより、価格競争に脅かされることがないのです。

「とちおとめ」は地の利、気候、そして携わる人々の協力体制、様々なものの相乗効果で、ナンバー1の座をキープしているのです。
苗の更新を義務付けるということまでしているなんて、他の産地では聞きませんので、正にいちご栽培のリーダーですね!

<「とちおとめ」イチゴロウまとめ>

名前の由来

栃木県で生まれたので、「とち」+「おとめ」という説があります。

どのように交配して作られたのか?

1996年(平成8年)に品種登録されました。栃木県生まれのイチゴで、「久留米49号(とよのか×女峰)」と「栃の峰」の交配種です。

特徴(形と味)

女峰よりも大きくて日持ちもよく、糖度が高めでほどよい酸味を持つのが特徴です。
果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは15g前後です。果肉の色は淡紅で果心の色は紅赤、光沢がよく溝はかなり少ないです。また、果汁が豊富で果実がしっかりしています。

採れる場所・時期

栃木県、茨城県、愛知県 11月下旬〜6月初旬

買うことの出来る場所(ネット)

<生>
有限会社イイヤマ農産
http://iiyamanousan.jp/
本場栃木の朝摘み【とちおとめ】
http://tochiotome.shop-pro.jp/

<苗>
楽天市場
http://item.rakuten.co.jp/fm-floral/10003311/

いちご狩り情報

るるぶ「【とちおとめ】が狩れるイチゴ狩りスポット」
http://www.rurubu.com/season/winter/ichigo/list.aspx?kc=3
いちごの里
http://www.itigo.co.jp/
日光ストロベリーパーク
http://www.nikkoichigo.com/
茜園(あかねえん)
http://www.akaneen-ichigo.com/index.html
那須高原農園 いちごの森
http://www.okashinoshiro.co.jp/facilities/ichigo/ 

とちおとめ情報サイトリンク集

とちおとめ
http://www.tochigi-ichigo.net/staticpages/index.php?page=whats
栃木県HP
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g61/hinsyu/tochiotome.html
ぐるたび
http://gurutabi.gnavi.co.jp/gourmet/item/1925/

 

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
        

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 相模原駅から住宅街を歩くこと約15分、焼き菓子の香ばしい香りとともに、ヨーロッパの郊外を思わせるよう…
  2. 「手に取った時に『なにこれー!』と話に花が咲くような商品を目指しております。」 「妖怪★いちご大福」…
  3. いちごの産地として全国8位の生産量を誇る茨城県では、様々な品種のいちごが栽培されています。その中には…
  4. 夏の間にたっぷり遊んだという方、多いのではないでしょうか。 プールにキャンプ、お祭りなどなど、夏に…
  5. 日常生活でつかれたとき、気分転換したいとき。 みなさんは、どのようにリフレッシュされていますか?…
  6. 北は北海道から、ちょっとした手土産でもいいし、自分用に買っても嬉しいいちごのお菓子をみつけました!…
  7. 福岡県を代表するいちごの品種といえば“あまおう”ですよね。 ずっしりとした果肉は、そのまま食べても…
  8. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さ…
  9. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  10. いちごがとてもたくさんの人に愛されているということは、このいちご大学の人気が証明してくれているのでは…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…
  2. 2018-6-15

    人気沸騰中!「東京ストロベリーパーク」の春限定メニュー「ラボドッグホワイト」

    この春オープンとともにSNSなどでもいち早く話題になっている「東京ストロベリーパーク」。東京駅から電…
  3. 2017-12-24

    日本唯一!いちご農園を持つ洋菓子店~完熟いちご菓子研究所 取材記!!

    今回は、美味しいいちごのお菓子を作るために、自社で栽培から手掛けておられる“完熟いちご菓子研究所”の…
  4. 2017-8-1

    「自宅で気軽にいちごミルクを楽しみたい・・・」そんな思いを叶えてくれる商品が登場!

    甘くて美味しい、いちごミルク。 「自宅で気軽に、好きなときに飲めたらいいのにな~」なんて思って…

ミプーのおススメ

  1. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  2. 2018-6-20

    イチゴを通して季節を感じるカフェ「キル フェ ボン グランメゾン銀座」

    ショーケースに並べられた色とりどりのフルーツタルト。溢れんばかりに盛り付けられた旬のフルーツは、見て…
  3. 2018-6-11

    埼玉県久喜市で“やよいひめ”に愛情を注いでいる小林いちご園の今井さんにお話を伺いました!

    今回は、埼玉県久喜市にある小林いちご園の後継者、今井恵子さんにインタビューをさせていただきました。 …
  4. 2018-5-20

    食べ比べパーティーで一番人気だったいちごを作られている“まあと工房”崎山さんにインタビュー!

    今回は、和歌山県みなべ町でいちごの観光農園を営んでいらっしゃるstrawberry farmまあと工…
ページ上部へ戻る