いちごはダイエットに効果的なのか?その方法とは?

いちご雑学

甘くて美味しい、いちごは、美味しいだけではなくて、ダイエットの間食としても非常に優秀なのです。痩せにくいだけじゃなくて、便秘や肌荒れと言った問題も同時に解決してくれる栄養分も含まれています。今回はそんな、ダイエットにいちごがぴったりな理由と、最大限にいちごの栄養素を活かす方法をわかりやすく説明します。

いちごがダイエットに向いている理由

ダイエットをするなら、まずは痩せやすい体の環境を作ることが大切です。では、太りやすい体になっている原因が、むくみと便秘がある人です。

むくみがあるとダイエットに敵な理由は、過剰な水分は体を冷やす要因になるためです。体内の脂肪燃焼を燃焼しやすい環境にするなら、体温は高めの方が痩せやすくなります。ところが、むくんでいると、体を温めるのに必要な熱量が多くなります。わかりやすく例えるなら、同じ火種に100mlの水と200mlの容器に水を入れたら、100mlの方が早く湧きます。そのため、体内に過剰な水分が残っているのは、痩せにくい体質になってしまうのです。

また、便秘の場合は代謝した食べ物の消化が上手くいかない状態です。長時間食べ物が腸内に残っていることで、過酸化脂質が発生し腸内環境を悪くしてしまいます。その結果悪玉菌が増加して、体の代謝が悪くなるという悪循環が生じてしまうのです。

いちごはこうした、むくみ解消や腸内環境を良くする栄養分が豊富に含まれています。加えて、肌をキレイにするミネラルやビタミンも豊富なので、同時に肌を綺麗にする疲労解消することもできます。

ダイエットに向いているいちごの栄養成分とは?

まずはいちご100gに含まれている特にダイエットに効果がある栄養素を紹介します。

ビタミンC 62mg
カリウム 170mg
不溶性食物繊維 900mg
水溶性食物繊維 500mg

まずは、いちごには豊富な食物繊維が含まれています。いちごには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維とは、善玉菌の餌になります。食物繊維は腸内環境を良くしますが、不溶性食物繊維だけではなくて、水に溶けやすい水溶性食物繊維の摂取のバランスが重要です。しかし、最近の食生活でこの水溶性食物繊維が少ないことも腸内環境を悪くしている要因なのです。

いちごには水溶性食物繊維が非常に豊富なため、食べることで、腸内の善玉菌の数を増やすことができます。加えて、いちごにはブドウ糖呼ばれる糖分も含まれています。ブドウ糖は腸内環境で善玉菌を増やす働きを持っています。キシリトールは腸内では、便を柔らかくする働きもあるため、適度ないちごは便秘解消に役立つのです。

いちごには豊富なカリウムも含まれています。カリウムは、人間の体内にある不要な水分を排出するには必要不可欠なミネラルになります。加えて、人間の水分は補給と排出のバランスを整える必要があり、毎日手軽にカリウムを補給する必要があります。日本人は、ナトリウムを食事から摂取する必要がありますが、カリウムは主に野菜や海藻といった植物からしか摂取することができません。

手軽に摂ることができ、美味しく食べることができるいちごは、無理せずコンスタントにカリウムを摂取することができます。

ダイエット目的でいちごを食べるには?

ダイエット目的でいちごを食べるなら、まずは、間食をいちごに変えることをおすすめします。一見シンプルかもしれませんが、間食でクッキー等のお菓子を食べているなら、その分を変えるだけでもカロリーと脂質を抑えることができます。

加えて、いちごの甘さには単に砂糖の甘さではなく、ショ糖やブドウ糖、キシリトールと言った様々な甘さが含まれています。そのため、一口食べたあとの満足度が非常に高いのです。そのため、少ない量で間食を減らすことができます。加えて、いちごは、ドライフルーツや冷凍の食品、生含めて、数多くの砂糖を加えなくても美味しく食べられる食品が数多く販売されています。まずは、間食のカロリーを減らす、差し替えるといった方法で取り入れるのがおすすめです。

次に、おすすめなのが食後です。食後でいちごを食べるメリットは、ビタミンCの吸収率です。ビタミンCの吸収が、食前よりも食間や食後に摂るのが非常におすすめです。ビタミンCは美肌だけではなく、人間の運動の体の疲労解消にも役立つビタミンです。加えて、水溶性食物繊維を食後に摂ることで、腸内環境の悪化を防ぐことができます。

ダイエット目的でいちごを食べる注意点

ダイエット目的でいちごを摂るなら、NGなのは糖分を一緒に摂ることです。糖分がかかったいちごは、ダイエット効果を半減させます。例えば練乳やカロリーが高いチョコレートと食べるのは基本NGです。

注意点はドライフルーツです。ドライフルーツも最近は砂糖がかかっている商品があります。これでは逆に糖質のとりすぎになるためNGです。ドライフルーツ購入時には裏側をみて、いちご以外の記述をしっかり確認することが大切になります。

また、食べ過ぎもよくありません。いちごにはキシリトールが含まれているので、一気に食べることで下痢の症状に悩む人がいます。そのため、一気に食べることは避け、少しずつ食べる様にして下さい。

健康に良いといって、多量のパックを一度に食べるよりも、毎日中粒5粒程度のいちごを食べる習慣をつけることが大切です。

まとめ

いちごには美味しくて間食の量を減らすだけではなく、ダイエットに必要な体の状態を調える効果があります。

太りがちな人の体の不調で多い、便秘とむくみを解消できるためです。いちごには、大腸の腸内環境を良くすると言われている水溶性食物繊維が豊富で、ブドウ糖も含まれているため便通が良くなります。加えて便を柔らかくすると言われているキシリトール摂ることが容易にできるのです。

むくみ解消に役立つカリウムも豊富に含まれており、体内にある余分な水分とともに、老廃物の排出も促進してくれます。

ダイエット目的でいちごを取り入れるならまずは、間食をいちごに変えることでカロリーを減らししつつも満足度が高いためダイエットに効果的、食事のデザートに食べるのも含まれているビタミンCの吸収を早めることができます。ビタミンCは運動の疲労を解消するために役立つビタミンです。他にも肌を綺麗にすることも知られているので、しっかり摂取することが大切です。

【いちごの成分】ビタミンCや食物繊維等苺の栄養成分
いちごには体にいい成分が豊富に含まれています。代表的なビタミンCをはじめ、数多くの成分を紹介しましょう。
イチゴ(苺/いちご)の栄養価と効用:旬の果物百科
イチゴの栄養価や効用とアミノ酸量などを七訂日本食品標準成分表とともに紹介します。イチゴはある程度の量をまとめて食べることが多いので、ビタミンCの摂取に適しているといえます。 これは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。農研機構の資料によると、100g当たりの平均的な含有量は「とよのか」が54mg、「さちの...
アスパラギン酸 |アミノ酸を詳しく学ぼう!|アミノ酸大百科|味の素株式会社
私たちのカラダを支える、20種類のアミノ酸について解説します。アミノ酸大百科は、アミノ酸のリーディングカンパニー、味の素KKがお届けするアミノ酸総合情報サイトです。
夏バテ予防の食事
7月に入り暑い日々が続きます。トレーニングに励む皆さんは、この「真夏」の時期をどのように準備して乗り切りますか? 夏休みに突入する前に、食事の面からも暑さ対策をして挑みましょう! 夏バテと熱中症の関係は? 食欲がわかない…

コメント

タイトルとURLをコピーしました