完熟いちご菓子研究所から完熟いちごジェラート“もちストロベリー”が新登場!

以前、取材を快く引き受けていただいた完熟いちご菓子研究所から完熟いちごジェラート“もちストロベリー”が新発売ということで、早速、インタビューをする機会に恵まれました。

完熟いちごジェラートの第三弾として、どうして和菓子を取り入れた商品を作られたのか?そのきっかけや思いについて、完熟いちご菓子研究所のWEBショップ店長である太田垣さんに色々と語っていただきました。

宝石フロマージュに続いて登場した完熟いちごジェラートですが、今回「もちストロベリー」を追加したきっかけについて教えてください。

まず一番には、本当に美味しいいちご菓子を作りたいという思いがあります。

その中で、いちごと相性が良いのは洋菓子の素材だけではなく、和素材でもその可能性はあるのではないかとずっと感じておりましたので、以前から色々と研究を重ねていました。

今年、完熟いちご菓子研究所の親ブランドでもある菓心谷常が、創業150年を迎えたこともあり、その伝統技術を活かした、谷常の原点ともいえるお餅と、ジェラートとの組み合わせを思いつき挑戦してみたいと考えました。

 

ジェラートは城崎スイーツとのコラボレーション企画とのことですが、どのような経緯でコラボレーションすることになったのでしょうか?

現在、完熟いちご菓子研究所はウェブのみの販売ですが、ゆくゆくは、いちごを栽培しているハウスの近くで、観光に来ていただいたお客様にいちごのお菓子と飲み物を楽しんでいただけるようなスペースを設けたいと思っています。

そして、都会から観光に来られたお客様に喜んでいただき、またそうすることで地域を活性化していきたいという想いがあります。

城崎スイーツ様も「城崎温泉をもっと楽しんでいただきたい」という思いから、主に、城崎に店舗を構えてジェラートを販売されており人気を博していらっしゃいます。

お客様に来ていただいて楽しませ、地域を元気にしたいという発想や思いが我々と通ずるところがあると感じ、オファーしたところ快く引き受けてくださいました。

城崎スイーツ様とのコラボレーションは、完熟いちご菓子研究所がジェラートを手がけた当初から行っています。

お餅をジェラートに合わせるということで、工夫された点はありますか?

ジェラートと一緒にお召し上がりいただくということで、お餅の厚さや食感などにこだわりました。お餅の中にいちごの餡やソースも入っているのですが、その口当たりについても何度も試作を繰り返しましたので、納得のいくお餅を完成するまでに一年以上は費やしていると思います。

やはり、夏ですので、葛やわらび餅のような喉越しの良いものが好まれますよね。

 

現在、予約受付中とのことですが、ジェラートはいつまで手に入りますか?

すでに、販売も開始しており、8月末まで購入していただくことができます。また、もちストロベリーは、来年もラインナップの一つとして販売していく予定です。

完熟いちご菓子研究所が販売している商品は、年々、ラインナップが増えてきています。

1年目は宝石フロマージュと完熟いちごジェラートの2種類だったのですが、2年目はパンケーキとプリン、そして3年目の今年は朝摘み完熟いちごのロールを販売をしました。

今年に関していえば、朝摘み完熟いちごロールもすごく人気でしたね。こちらの商品は、苺が採れる美味しい時期だけに限定して提供しました。デコレーションについても、ロールケーキと苺やブルーベリーなどのパーツは個別にお届けしますので、お客様がお好きなように飾っていただきお召し上がりいただけるようになっています。食べる楽しみに加えて、作る楽しみも味わえるという点が好評なのかなと思います。

完熟いちごジェラートには、完熟いちごの100%ジュースやコンポートなどがふんだんに使われていますが、こちらは単独で販売される予定はありますか?

今のところは、原材料として使用する量しか栽培しておりませんので、残念ながら直近ではそのは予定はございません。

 

今、考えられているスイーツやコラボレーション企画などがあれば、伝えられる範囲で教えていただけないでしょうか。

まだはっきりとした形にはなっていないのですが、朝摘み完熟いちごロールという商品が、本当にお客様に喜んでいただけたという実感があります。

この商品のように、単に商品を届けるだけではなく、自分たちで作るなどの付加価値がつけられるようなものを考えてきたいと思っています。

 

百貨店やイベントなどに出店されることもあるそうですが、今後の予定があれば教えてください。

現在は8月29日〜9月11日、博多マルイ様への出店が決まっています。

今年は関東や関西などいろいろなところに出店したのですが、やはり全部の商品が揃うのは、いちごが採れる時期だけですので3月〜5月に集中していますね。

最後に、何か伝えたいことがあればお願いします。

完熟いちご菓子研究所の強みは、原材料となる苺の栽培、その新鮮な苺を使用したお菓子の製造、販売に至るまでを一貫して行うことが出来るところです。

本当のいちごの美味しさを伝えることができるようなお菓子を、これからもお客様に提供していきたいと思っています。
<まとめ>

今回、お話をお伺いするにあたり、完熟いちごジェラート3種類をいただきました。
これまでに販売されていたプレミアム・ストロベリー、ストロベリー・チーズケーキ、そして今回発売となった、もちストロベリーです。

内容量の半分近くが生のいちごというプレミアムストロベリーに対し、他の2つには完熟いちごを使ったミルクタイプのジェラートが使われています。
そして、もちストロベリーに載せられたおもちには、いちごが感じられる餡とコンフィチュールが入っており、今までにない食感と味わいを引き出しています。

暑い夏でもほっと一息つけるような、そんな優しいジェラートですので是非一度、試してみてくださいね。

<参考サイト>
完熟いちご菓子研究所
http://www.kanjyukuichigo.com

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信中!:


Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
     

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 「山盛りのイチゴを好きなだけ食べたい」 「様々な品種のイチゴの食べ比べをしてみたい」 …
  2. 今回は、青森市でいちご栽培をされている、梅山(うめやま)さんにお話を伺いました。 いちごを栽…
  3. もうすぐクリスマスですね! クリスマスにはケーキを食べるというイメージがあると思うのですが、…
  4. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さを…
  5. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  6. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入るだ…
  7. 諸君。 わしは学長のドロンじゃ。 みなさんいちごにどんなイメージがあるかな? いちごといえば…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2019-5-19

    神奈川県川崎市の「武笠農園いちごハウス」さん訪問記

    イチゴ狩りシーズンもラストスパートとなる4月中旬、神奈川県川崎市にある「武笠農園いちごハウス」を訪…
  2. 2019-3-15

    いちご大学通信「いちごだより」配信開始!!

    ドロン学長からのご案内! いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信することとなりました…
  3. 2019-3-13

    春の三浦半島でイチゴ狩り!神奈川県三浦市の長島農園訪問記

    関東エリアの中でも温暖な気候で日照量の多い三浦半島。3月上旬に満開を迎える川沿いの河津桜は美しく、…
  4. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…

ミプーのおススメ

  1. 2019-5-13

    【名古屋】いちご専門店「ストロベリーハンティング」が苺好きの夢の国だった

    いちご好きの皆さん、こんにちは! フリーライターのなつか(@untk730)です。 今回は、いちご…
  2. 2019-3-22

    ひと手間でぐんとおしゃれで華やかに!イチゴのフルーツカッティング

    コロンとしたイチゴはそのままでも可愛らしいのですが、ちょっとしたひと手間でもっとおしゃれに華やかに…
  3. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  4. 2018-9-12

    旬のフルーツをたっぷり贅沢に!「セ・ラ・セゾン!」の「夏いちごのショートケーキ」

    相模原駅から住宅街を歩くこと約15分、焼き菓子の香ばしい香りとともに、ヨーロッパの郊外を思わせるよう…
ページ上部へ戻る