青森いちごスイーツ探訪(6)プティル

ゆめかわ!ふんわり可愛いカップケーキ専門店

今回は青森市花園のカップケーキ専門店「プティル」さんにお邪魔しました。

青森駅より車で15分。
以前は青葉通りにお店がありましたが、 花園2丁目に一昨年移転されました。

お店は、セブンイレブンから徒歩で3分程の場所にあります。

ピンクの可愛らしい看板が目印です。

店長の笠井映湖さんにお話を伺うことが出来ました。

お店の歴史や特徴を教えて下さい。

一昨年の12月にこちらの花園に移転しました。

東北初のカップケーキ専門店として、日本人の好みに合わせたカップケーキを作っています。

アメリカで主流のカップケーキは、バタークリームやチーズフロスティングクリームを使い、生地がパサパサしてものすごく甘いのが特徴ですが、「プティル」のカップケーキはふんわりした生地に、生クリームを使っています。

他との差別化を図りたいという意図もありますが、アメリカの配合では日本人の好みには合いません。

そこで、独自に配合を考え、今のカップケーキを作ることになりました。

以前、青葉のお店ではイートインスペースがあり、軽食も提供していましたが、今は原点に戻りテイクアウトのカップケーキ屋さんとして改めてスタートしました。

可愛らしいデザインのカップケーキはどのように作っているのですか?

基本的な下絵どはなく、作りながら考えていくスタイルです。

大体のテーマや季節感を大事にしていますが、時期に合わせてデザインは変えて行きますし、定番のものもあります。

また、ほとんどが手作りで、飾りも食べて美味しいチョコレートを使っています。

外国では、アイシングやプラチョコを使いますが、やはり食べても美味しくないので使っていません。

プレートなども、テンパリングしたホワイトチョコレートを使用しています。生クリームとの相性も良いですよ。

素材へのこだわりを教えて下さい。

カップケーキには、すべて太白ごま油を使用しています。

以前、あるイベントで太白ごま油に出会い、そこから使い続けています。

ごま油は、酸化しにくく、セサミンなどの健康効果もあります。

お客様からも、「プティル」のカップケーキは胸焼けしないと言われることが多く、ヘルシーで軽い食感なので食べやすいと好評です。

また、いちごに関してもなるべく県産のものを使いたいと考えています。

自分の足で農家さんを回ることもあり、栽培されているところに直接交渉に行くこともあります。

また、カップケーキをデコレーションしているのは、全て生クリームです。

口溶けが良く、デコレーションした形が綺麗に出るクリームを探すためにほとんど全てのメーカーを試しました。

可愛らしいデコレーションケーキが多いですね。

当初は知り合いに頼まれて作っていたデコレーションが、今では全国からご注文を頂けるようになりました。

北海道から九州まで、色々な地域の方からご注文を頂き、とても驚いています。

始めは記録程度でスタートしたインスタグラムからがほとんどです。

様々なご要望にお答えすることも出来ます。

以前、黒にんにくを使ったケーキも作ったことがあります。(笑)

にんにく臭をどうするか、かなり悩みましたが最終的に喜んでいただけてほっとしました。

沢山のデザインがありますが、ご希望に添ってお作りすることが出来ます。

ご予約が必要ですので、ぜひお問い合わせ下さい。

笠井さん、ありがとうございました。

「いちごのカップケーキ試食」

今回は、いちごのカップケーキを試食させて頂きました。

まず驚いたのが、生クリームの口溶けの良さ。

ツルンとしていて、口の中ですぅ~っと溶ける不思議な食感。

カップケーキと言えば、バターたっぷりの重たい生地をイメージしますが、

こちらは全体的にふんわり、しっとりとしていて何個でも食べられそう!中にはカスタードクリームも入っていますが、こちらもしっとりしていて美味しい。

食べた後も、しつこい重さがまったく残らず、甘さも控えめなためご年配の方にも喜んで貰えそうです。

いちごの酸味が、さっぱりさを引き立ててくれるので甘いものをあまり食べない方にもオススメ出来そうです。

他にもこんなに愛らしいカップケーキ達が。

イチゴやチョコレートのクリームを使用したケーキもあり、選ぶのが楽しくなります。

ホームパーティや、差し入れに持って行ったら歓声が上がりそうですね。

「プティル」

営業時間 11時~18時

〒030-0966

青森市花園2丁目9-30 マンション甲田1階

TEL017-762-0057

定休日・火曜日 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000041367

https://www.instagram.com/petitel15

取材・記事制作:いちごライター@高坂智美

★プロフィール★

製菓衛生師・ハーブコーディネーター・オーガニックコンシェルジュ

大阪あべの辻製菓専門学校を卒業後、大阪・横浜でパティシエとして勤務。

現在は故郷青森で3児の母として子育てに奮闘中。

美味しい物が大好きな食いしん坊。特にスイーツとハード系パンが大好物。

趣味は手芸とグーグルマップ妄想旅行。

子どもたちが大きくなったら、一緒に食べ歩きの旅に出るのが夢。

自然がいっぱい、新鮮で美味しい物に囲まれた青森をこよなく愛しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信中!:


Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
     

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 「山盛りのイチゴを好きなだけ食べたい」 「様々な品種のイチゴの食べ比べをしてみたい」 …
  2. 今回は、青森市でいちご栽培をされている、梅山(うめやま)さんにお話を伺いました。 いちごを栽…
  3. もうすぐクリスマスですね! クリスマスにはケーキを食べるというイメージがあると思うのですが、…
  4. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さを…
  5. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  6. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入るだ…
  7. 諸君。 わしは学長のドロンじゃ。 みなさんいちごにどんなイメージがあるかな? いちごといえば…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2019-5-19

    神奈川県川崎市の「武笠農園いちごハウス」さん訪問記

    イチゴ狩りシーズンもラストスパートとなる4月中旬、神奈川県川崎市にある「武笠農園いちごハウス」を訪…
  2. 2019-3-15

    いちご大学通信「いちごだより」配信開始!!

    ドロン学長からのご案内! いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信することとなりました…
  3. 2019-3-13

    春の三浦半島でイチゴ狩り!神奈川県三浦市の長島農園訪問記

    関東エリアの中でも温暖な気候で日照量の多い三浦半島。3月上旬に満開を迎える川沿いの河津桜は美しく、…
  4. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…

ミプーのおススメ

  1. 2019-5-13

    【名古屋】いちご専門店「ストロベリーハンティング」が苺好きの夢の国だった

    いちご好きの皆さん、こんにちは! フリーライターのなつか(@untk730)です。 今回は、いちご…
  2. 2019-3-22

    ひと手間でぐんとおしゃれで華やかに!イチゴのフルーツカッティング

    コロンとしたイチゴはそのままでも可愛らしいのですが、ちょっとしたひと手間でもっとおしゃれに華やかに…
  3. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  4. 2018-9-12

    旬のフルーツをたっぷり贅沢に!「セ・ラ・セゾン!」の「夏いちごのショートケーキ」

    相模原駅から住宅街を歩くこと約15分、焼き菓子の香ばしい香りとともに、ヨーロッパの郊外を思わせるよう…
ページ上部へ戻る