青森いちごスイーツ探訪(3)~vingt-deux ヴァンドゥ

今回は、青森市青葉にお店を構えるvingt-deux ヴァンドゥさんにお邪魔しました。
夏は新緑、秋は紅葉が楽しめる市内でも人気のけやき通りにあるイオンショッピングモールより徒歩5分の距離です。けやきの景色を楽しみながら進んで行くと、間もなくお洒落な建物が見えます。


ショーケースに並ぶ美しいケーキ達。惚れ惚れします!

本日は、オーナー・パティシエの濱田孝治さんにお話を伺いました。

オープンされたきっかけを教えて下さい

5年前の2013年にオープンしました。以前より独立を考えており、タイミングが良かった事もオープンのきっかけになりました。それまでは県外や市内の数店舗で修行していました。お客様に喜んで頂けるケーキを作る事を目指しています。

お店のこだわりを教えて下さい

特にキャラクターケーキに力を入れています。初めは需要があるか不安でしたが、キャラクターケーキは以前から面白いと思っていました。

今では、インスタグラムやフェイスブックに載せた写真を見て下さったお客様からの注文が増え、嬉しく思っています。お客様の細かいご要望にも、できるだけ応じて作らせて頂きます。

キャラクターケーキを一点一点手作りされるのは大変ではないですか?

ケーキを作ることが好きなので、大変だとは思いません。
むしろ好きでやっています。苦労を楽しみに変えられるだけの魅力があると思います。

ただ、現在は多くのご注文を頂戴しているため、2週間前までにご予約をお願いしています。もう少し早くお渡しすることが出来ないか、試行錯誤しているところです。

素材へのこだわりはありますか?

産地へのこだわりはありませんが、フルーツは特に新鮮な物にこだわっています。フレッシュな物は、フレッシュなままで美味しく食べて頂きたいと思っています。その他の素材については、コンセプトに合わせてそれぞれ見合ったものを選んでいます。

近年では材料費高騰のため、400円を超えるケーキも増えてきています。できるだけお客様に、安くて良い物を提供したいと考えています。質を下げると味も落ちてしまうため、色んな材料を選びながら手頃な値段で美味しいケーキを楽しんで頂きたいと思っています。

お店の理念を教えて下さい

当店は売り切りタイプです。美味しいケーキを、フレッシュな一番良い状態で楽しんで頂きたいからです。夕方には寂しいショーケースになってしまうこともありますが、売り切って終了しています。

また、次の日に食べた方が美味しい物は、その都度お客様にお伝えしています。

商品のカタログを作ろうとも思いましたが、入れ替わりのペースが早いため断念しています。通常商品は1~2か月。素材によっては1回の仕込みで終わることもあります。お客様から「あの時あった、あのケーキ」と言われて思い出せないこともあります。笑

その時だけの旬の物を使用しているため、短い期間しか食べられない物もあります。ぜひお店に足を運んで頂いて、旬の味を味わってみて下さい。

おすすめのイチゴケーキを教えて下さい

当店の名前のつけた「ヴァンドゥ」です。
ヴァンドゥとは「22」と言う意味ですが、ショートケーキの日の「22日」から付けた名前です。「ヴァンドゥ」はイチゴのショートケーキですが、これは以前勤務していたお店で作っていたケーキと同じものです。

初めて食べた時はものすごい衝撃で、このケーキがなければパティシエとして働き続けていなかったかもしれません。人生を変えたケーキです。パティシエとして心折れる時期もありましたが、このケーキがモチベーションになっていました。

イチゴのショートケーキと言えばスポンジが重なった物が多いですが、この形にはどんな理由がありますか?

スポンジを丸く重ねる事によって、クリーム量がちょうど良くなります。
スポンジ、クリーム、イチゴ、カスタードクリーム、下はキャラメリゼした生地。すべてが絶妙なバランスです。

カスタードクリームも毎日炊き上げていますが炊き方を工夫しています。
これは企業秘密なので内緒です!

今回は、「ヴァンドゥ」を試食させて頂きました。
お店のロゴがついたピック、美しいケーキの断面にワクワクが止まりません。。

一口食べて、スポンジの口どけの良さに驚きました!!ホロホロ柔らかいスポンジと 生クリームが一瞬で溶けていきます。食べ進めると、まろやかなカスタードに包まれたイチゴの酸味が効いていて、次にしゃりっとした食感が楽しいキャラメル。そして最後にキャラメルのほのかな苦味が感じられます。

上から食べて最後にまったりしたコクを楽しんだり、縦に一気に取って変化する味を楽しむことも出来ます。何よりキャラメルの上品な苦味とシャリっとした食感が衝撃的な美味しさでした!

イチゴの旬によっても味の変化が楽しめそうな「ヴァンドゥ」
皆さんもぜひご賞味下さい!

vingt-deux ヴァンドゥ
〒030-0846
青森県青森市青葉3丁目1-1
017-763-5402
http://aomori-vingt-deux.com/
https://www.facebook.com/vingtdeux/
https://www.instagram.com/vingtdeux2222/

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信中!:


Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
     

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. 「山盛りのイチゴを好きなだけ食べたい」 「様々な品種のイチゴの食べ比べをしてみたい」 …
  2. 今回は、青森市でいちご栽培をされている、梅山(うめやま)さんにお話を伺いました。 いちごを栽…
  3. もうすぐクリスマスですね! クリスマスにはケーキを食べるというイメージがあると思うのですが、…
  4. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さを…
  5. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  6. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入るだ…
  7. 諸君。 わしは学長のドロンじゃ。 みなさんいちごにどんなイメージがあるかな? いちごといえば…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2019-5-19

    神奈川県川崎市の「武笠農園いちごハウス」さん訪問記

    イチゴ狩りシーズンもラストスパートとなる4月中旬、神奈川県川崎市にある「武笠農園いちごハウス」を訪…
  2. 2019-3-15

    いちご大学通信「いちごだより」配信開始!!

    ドロン学長からのご案内! いちご大学通信「いちごだより」をLINEで発信することとなりました…
  3. 2019-3-13

    春の三浦半島でイチゴ狩り!神奈川県三浦市の長島農園訪問記

    関東エリアの中でも温暖な気候で日照量の多い三浦半島。3月上旬に満開を迎える川沿いの河津桜は美しく、…
  4. 2018-10-5

    <いちご王国 国王からのお触れ>特選いちごグッズのあたるアンケート企画スタート!!~あなたの街のおいしいイチゴスイーツを大募集

    我は、いちご王国の国王ベーリーである!! このたび、いちご大学では初のいちごアンケート調査で日本全…

ミプーのおススメ

  1. 2019-10-8

    【厳選7選】アマゾンで買える!絶品いちごスイーツランキング

    いちごのスイーツは見た目も可愛く、気分を盛り上げてくれる魔法の食べ物です。 いちごがたっぷり乗った…
  2. 2019-8-4

    青森県田舎館村「観光いちご園・アグリいーな田んぼアートの里」訪問記

    青森で1年中いちご狩りが楽しめる!田舎館村「観光いちご園」の魅力とは?  青森県田舎館村(い…
  3. 2019-5-13

    【名古屋】いちご専門店「ストロベリーハンティング」が苺好きの夢の国だった

    いちご好きの皆さん、こんにちは! フリーライターのなつか(@untk730)です。 今回は、いちご…
  4. 2019-3-22

    ひと手間でぐんとおしゃれで華やかに!イチゴのフルーツカッティング

    コロンとしたイチゴはそのままでも可愛らしいのですが、ちょっとしたひと手間でもっとおしゃれに華やかに…
ページ上部へ戻る