青森いちごスイーツ探訪(3)~vingt-deux ヴァンドゥ

今回は、青森市青葉にお店を構えるvingt-deux ヴァンドゥさんにお邪魔しました。
夏は新緑、秋は紅葉が楽しめる市内でも人気のけやき通りにあるイオンショッピングモールより徒歩5分の距離です。けやきの景色を楽しみながら進んで行くと、間もなくお洒落な建物が見えます。


ショーケースに並ぶ美しいケーキ達。惚れ惚れします!

本日は、オーナー・パティシエの濱田孝治さんにお話を伺いました。

オープンされたきっかけを教えて下さい

5年前の2013年にオープンしました。以前より独立を考えており、タイミングが良かった事もオープンのきっかけになりました。それまでは県外や市内の数店舗で修行していました。お客様に喜んで頂けるケーキを作る事を目指しています。

お店のこだわりを教えて下さい

特にキャラクターケーキに力を入れています。初めは需要があるか不安でしたが、キャラクターケーキは以前から面白いと思っていました。

今では、インスタグラムやフェイスブックに載せた写真を見て下さったお客様からの注文が増え、嬉しく思っています。お客様の細かいご要望にも、できるだけ応じて作らせて頂きます。

キャラクターケーキを一点一点手作りされるのは大変ではないですか?

ケーキを作ることが好きなので、大変だとは思いません。
むしろ好きでやっています。苦労を楽しみに変えられるだけの魅力があると思います。

ただ、現在は多くのご注文を頂戴しているため、2週間前までにご予約をお願いしています。もう少し早くお渡しすることが出来ないか、試行錯誤しているところです。

素材へのこだわりはありますか?

産地へのこだわりはありませんが、フルーツは特に新鮮な物にこだわっています。フレッシュな物は、フレッシュなままで美味しく食べて頂きたいと思っています。その他の素材については、コンセプトに合わせてそれぞれ見合ったものを選んでいます。

近年では材料費高騰のため、400円を超えるケーキも増えてきています。できるだけお客様に、安くて良い物を提供したいと考えています。質を下げると味も落ちてしまうため、色んな材料を選びながら手頃な値段で美味しいケーキを楽しんで頂きたいと思っています。

お店の理念を教えて下さい

当店は売り切りタイプです。美味しいケーキを、フレッシュな一番良い状態で楽しんで頂きたいからです。夕方には寂しいショーケースになってしまうこともありますが、売り切って終了しています。

また、次の日に食べた方が美味しい物は、その都度お客様にお伝えしています。

商品のカタログを作ろうとも思いましたが、入れ替わりのペースが早いため断念しています。通常商品は1~2か月。素材によっては1回の仕込みで終わることもあります。お客様から「あの時あった、あのケーキ」と言われて思い出せないこともあります。笑

その時だけの旬の物を使用しているため、短い期間しか食べられない物もあります。ぜひお店に足を運んで頂いて、旬の味を味わってみて下さい。

おすすめのイチゴケーキを教えて下さい

当店の名前のつけた「ヴァンドゥ」です。
ヴァンドゥとは「22」と言う意味ですが、ショートケーキの日の「22日」から付けた名前です。「ヴァンドゥ」はイチゴのショートケーキですが、これは以前勤務していたお店で作っていたケーキと同じものです。

初めて食べた時はものすごい衝撃で、このケーキがなければパティシエとして働き続けていなかったかもしれません。人生を変えたケーキです。パティシエとして心折れる時期もありましたが、このケーキがモチベーションになっていました。

イチゴのショートケーキと言えばスポンジが重なった物が多いですが、この形にはどんな理由がありますか?

スポンジを丸く重ねる事によって、クリーム量がちょうど良くなります。
スポンジ、クリーム、イチゴ、カスタードクリーム、下はキャラメリゼした生地。すべてが絶妙なバランスです。

カスタードクリームも毎日炊き上げていますが炊き方を工夫しています。
これは企業秘密なので内緒です!

今回は、「ヴァンドゥ」を試食させて頂きました。
お店のロゴがついたピック、美しいケーキの断面にワクワクが止まりません。。

一口食べて、スポンジの口どけの良さに驚きました!!ホロホロ柔らかいスポンジと 生クリームが一瞬で溶けていきます。食べ進めると、まろやかなカスタードに包まれたイチゴの酸味が効いていて、次にしゃりっとした食感が楽しいキャラメル。そして最後にキャラメルのほのかな苦味が感じられます。

上から食べて最後にまったりしたコクを楽しんだり、縦に一気に取って変化する味を楽しむことも出来ます。何よりキャラメルの上品な苦味とシャリっとした食感が衝撃的な美味しさでした!

イチゴの旬によっても味の変化が楽しめそうな「ヴァンドゥ」
皆さんもぜひご賞味下さい!

vingt-deux ヴァンドゥ
〒030-0846
青森県青森市青葉3丁目1-1
017-763-5402
http://aomori-vingt-deux.com/
https://www.facebook.com/vingtdeux/
https://www.instagram.com/vingtdeux2222/

<注目!!>いちご大学フェイスブックページでいちご最新情報をリアルタイムでゲット!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
        

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ドロン学長の推奨記事

  1. いちごの産地として全国8位の生産量を誇る茨城県では、様々な品種のいちごが栽培されています。その中には…
  2. 夏の間にたっぷり遊んだという方、多いのではないでしょうか。 プールにキャンプ、お祭りなどなど、夏に…
  3. 日常生活でつかれたとき、気分転換したいとき。 みなさんは、どのようにリフレッシュされていますか?…
  4. 北は北海道から、ちょっとした手土産でもいいし、自分用に買っても嬉しいいちごのお菓子をみつけました!…
  5. 福岡県を代表するいちごの品種といえば“あまおう”ですよね。 ずっしりとした果肉は、そのまま食べても…
  6. 暑い時期にキーンと冷えたビール。とっても美味しいですよね。 ビールに限らず、冷たいアルコールは暑さ…
  7. 九州地方でいちごの生産地といえば、福岡や熊本がよく知られた存在ですが、両県に接している大分県でもいち…
  8. いちごがとてもたくさんの人に愛されているということは、このいちご大学の人気が証明してくれているのでは…
  9. 学生時代の受験勉強は覚えることが膨大で、ドラえもんのアンキパンがあったらなぁ…とよく思ったものです。…
  10. ドライブに行ったときにちょっと立ち寄りたいのが道の駅ですよね。 地方の特産品や新鮮なものが手に入る…

いちご大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

イチゴロウのイチオシ

  1. 2017-12-24

    日本唯一!いちご農園を持つ洋菓子店~完熟いちご菓子研究所 取材記!!

    今回は、美味しいいちごのお菓子を作るために、自社で栽培から手掛けておられる“完熟いちご菓子研究所”の…
  2. 2017-8-1

    「自宅で気軽にいちごミルクを楽しみたい・・・」そんな思いを叶えてくれる商品が登場!

    甘くて美味しい、いちごミルク。 「自宅で気軽に、好きなときに飲めたらいいのにな~」なんて思って…
  3. 2017-7-24

    パンに、スイーツに・・・『いちご酵母』を作ろう

    こんにちは!イチゴロウです。 今日は、いちご好きのみなさんに、『いちご酵母』の作り方を教えても…
  4. 2017-5-17

    初恋をイメージさせるとっても可愛らしいいちご、その名は・・・?

    こんにちは!イチゴロウです。 突然ですが、みなさんの初恋は何歳ですか? 初恋の相手って、覚え…

ミプーのおススメ

  1. 2019-1-15

    青森いちごスイーツ探訪(4)~ドラゴンカフェ

    今回は、青森市浜館にある「ドラゴンカフェ」さんにお伺いしました。 青森市中心街から車で15分。閑静な…
  2. 2018-4-27

    いちごで恋愛傾向や夢判断ができる!?知っておきたい“いちご”にまつわる疑問あれこれ

    いちごが好きすぎて夢に出てきた…なんて人いませんか? 実は、いちごの夢であなたの恋愛傾向もわかって…
  3. 2016-10-18

    なぜミプーが「美しい人が教える秘密のご褒美♪ココロと体を整えるこだわり定期便」を作りたいと思ったのか?

    いちご大学 ドロン学長じゃ。このたび、いちご大学のミプーこと猪股美保が新しい食のサービス提案をすると…
  4. 2016-1-18

    「いちごの赤」は魔除けの縁起色

    こんにちは〜♬ ミプーです。 今が旬のいちご。この赤い色は「飛鳥時代の昔から太陽の輝きの象徴…
ページ上部へ戻る